本文の開始

漢方相談のエビス薬局 千葉県銚子市 - 自律神経失調症

創業昭和11年(1936年)千葉県銚子市で漢方相談ならエビス薬局
病気・痛み・症状・健康・美容・子宝についてご相談ください

  • Facebook
  • Twitter
  • Yahooブログ

トップページ > 漢方・健康・美容の相談 > 自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経とは??

自律神経

簡単に言うと、自分の意志とは関係なく、無意識のうちにはたらいている神経。私たちが眠っていても、何かに夢中になっていても、滞りなく身体機能がはたらくのは《自律神経》のおかげです。

この『自律神経』には「交感神経」「副交感神経」があります。主に、心臓をはじめとする内臓や血液の流れなどを管理し、呼吸、消化、代謝などのはたらきを調節しています。

「交感神経」とは?

活動・緊張・ストレスの神経です。

昼間、「交感神経」が働くことにより活発的に活動できます。緊張したりストレスを感じると過度に「交感神経」が働くことになります。

「副交感神経」とは?

リラックス・休息・修復のの神経です。

入力時や睡眠時などに、「副交感神経」が働きます。リラックスして疲れを取り休息するためには必要なものが「副交感神経」です。

代表的な症状

リラックス

疲れやすい、便秘・下痢にを繰り返す、だるい、疲労感がとれない、よく風邪をひく、めまいがする、立ちくらみがする、頭痛、冷えやすい、動悸がする、顔がほてる、肩がこる・・・などが自律神経失調症によく見られる代表的な症状です。

このような症状で、当てはまることはありますか??

ここで、自律神経失調症の西洋医学的見解をご紹介しましょう。

自律神経は私たちの体の監視役

私たちの体の様々な機能は自律神経系によって維持・調節されています。

言い換えれば自律神経は私たちの体の監視役の働きをしているとたとえることもできます。この自律神経系は神経の損傷やストレスによって、その活動が活発になったり、その反対に機能が低下することがあります。

自律神経が乱れた時に現れる症状

その結果、感情の高揚、発汗、動悸、息苦しさ、手足の冷えをはじめとする多様な症状が生じます。このような症状を、自律神経系が乱れ調和がとれてないということから自律神経失調症と呼んでいます。

自律神経失調症の症状が上に述べたように多様なのは、自律神経系が全身の器官をコントロールしていることの表われだとも言えます。

ちなみに自律神経失調症と症状が似ていて混同しやすいのは抑うつ症をはじめとする精神疾患です。特に抑うつ症では、倦怠感や不眠、食欲不振といった症状が前面に出て精神症状が現れにくい場合があり、自律神経失調症としばしば間違われます。

自律神経が不安定になってしまう原因とは

自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因としてまず考えられるのは、日常生活でのさまざまなストレスです。特に真面目で心配性の性格の人はストレスに悩むことが多いために自律神経失調症を患いやすいと言われています。

また冷え性や低血圧をはじめとする血行不良を抱えている人も、自律神経系の働きが不安定になりやすいと考えられます。そして女性の一生では生理や出産、更年期のようにホルモンバランスが大きく変化するイベントが多く起こります。こうしたホルモンの変化が自律神経系に影響を与えるため、男性よりも女性のほうが自律神経失調症にかかりやすいと言えます。

一人で悩まずにご相談を

現代の医療では自律神経失調症に対して症状の緩和や解消のために、適切な薬の処方、心理療法が施されます。

したがって、上記の症状に心当たりのある方は、症状を放置したり一人で悩まずに、専門の病院、薬局まで一度相談に行くことをお勧めします。

自律神経失調症でお悩みではないでしょうか。

上記の文章は西洋医学的見解ですが、エビス薬局では西洋医学・東洋医学の両面から、お一人お一人の体質・症状に合わせてご相談をお受けます。

Facebookページ

Facebookページ

↑このページのTOPへ


ページの終了