本文の開始

漢方相談のエビス薬局 千葉県銚子市 - 胃炎

創業昭和11年(1936年)千葉県銚子市で漢方相談ならエビス薬局
病気・痛み・症状・健康・美容・子宝についてご相談ください

  • Facebook
  • Twitter
  • Yahooブログ

トップページ > 漢方・健康・美容の相談 > 胃炎

胃炎

胃の炎症の仕組み

胃炎

私たちの体は口から摂取した食物を一時的に胃に蓄え、消化酵素と胃液によ って消化します。

胃液は強塩酸である胃酸が主成分です。胃はこの強力な酸である胃酸から自身を守るために粘液を分泌し、表面に粘膜による保護層を形成しています。

この胃粘膜による保護は粘液の分泌量が減少したり、胃酸の分泌が過剰になることによって障害を受けます。

このように粘膜による胃の保護作用が崩れていくと、やがて胃に炎症が生じます。
この胃の炎症を胃炎と呼んでいます。

胃の状態は?

胃炎とは、わかりやすく言い換えると胃の壁に傷がついている状態です。

この胃の壁にできた傷を胃酸がさらに刺激することによって「傷口に塩を塗る」ことになり、みぞおちのあたりに強い痛みが起こります。

この炎症がさらに進行すると、傷口が深くえぐれて潰瘍になります。

胃潰瘍の症状にはえぐれた傷口の深さによって程度に幅がありますが、ひどい場合には胃の運動を司っている筋肉の層にまで穴が開く場合もあります。

胃炎を引き起こす原因は?

ではどのような原因で粘膜による胃の保護作用が損なわれていくのでしょうか。

1つの原因は精神的・身体的なストレスです。これらのストレスは胃の運動をコントロールしている自律神経系を介して胃に障害を与えます。

また2つ目の原因として、タバコやコーヒー、とうがらしといった刺激物の採り過ぎが胃に対してダメージになることも考えられます。

知らず知らずに細菌に感染しているかもしれません

胃炎の原因

さらに3つ目の原因として、ヘリコバクターピロリと名付けられた細菌が胃に常駐し、胃潰瘍の形成を悪化させることも近年明らかになっています。

ヘリコバクターピロリ菌の感染率は、胃潰瘍のあるなしにかかわらず、50歳以上の日本人で70-80%程度と言われています。

多くの人はこの菌が胃に感染していても自覚症状はありませんが、ストレスや暴飲暴食が引き金となって胃炎から胃潰瘍へと症状が進行することも十分に起こりえることです。

胃炎を予防するには?

したがって胃を健康に保つためには、過度のストレスを避けるための気分転換や十分な睡眠、そして規則的な食習慣を心がけることが重要です。

胃炎・胃の不調でお困りではないでしょうか。

上記の文章は西洋医学的見解ですが、エビス薬局では西洋医学・東洋医学の両面から、お一人お一人の体質・症状に合わせてご相談を受付けます。

Facebookページ

Facebookページ

↑このページのTOPへ


ページの終了