本文の開始

漢方相談のエビス薬局 千葉県銚子市 - アトピー性皮膚炎

創業昭和11年(1936年)千葉県銚子市で漢方相談ならエビス薬局
病気・痛み・症状・健康・美容・子宝についてご相談ください

  • Facebook
  • Twitter
  • Yahooブログ

トップページ > 漢方・健康・美容の相談 > アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎

アトピー体質の人に起こる慢性湿疹を、アトピー性皮膚炎といい、アレルギー反応が皮膚に起こります。

従来は、子供のころに発症して、成長するにつれて治ると考えられていました。

しかし、最近では大人が発症したり、成長しても治らないケースもあるようです。

ここでアトピー性皮膚炎についての西洋医学的な見解をご紹介しましょう。

非常にかゆい湿疹がでます

アトピー性皮膚炎は、非常にかゆみの強い湿疹が慢性的に続く皮膚炎です。

湿疹は肘の内側、膝の裏側などに左右対称に現れるのが特徴的です。アトピー性皮膚炎ではこうした湿疹が乳児で2ヶ月以上、それ以外の年齢で6ヶ月以上繰り返し現れます。

遺伝的要素が強いアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の患者は、自分自身が喘息やアレルギー性皮膚炎を併発していることや、家族にアトピー性皮膚炎患者がいることが多いと言われています。

また以前はアトピー性皮膚炎の症状の多くは成長とともに消え、思春期以降は自然治癒するとされていましたが、現代では思春期・成年期にもアトピー性皮膚炎が発生する症例が非常に多く報告されるようになっています。

アトピー性皮膚炎の原因といわれるもの

食生活

アトピー性皮膚炎の湿疹は、日常生活の様々な物質が原因となって引き起こります。
代表的な原因物質としては、室内の埃(ハウスダスト)、ダニ、カビが知られています。

また湿疹を悪化させる原因として、睡眠不足やストレス、水分の取りすぎなどが指摘されています。

これらの原因は非常に多岐に渡り、一人ひとりの原因も異なることから、薬剤師や医師との対話を通じて湿疹の原因を絞り込んでいくことが治療上重要になります。

キーワードは食生活とお肌の保湿!

アトピー性皮膚炎の治療には湿疹の患部へ塗付する外用剤が用いられますが、外用剤の使用には薬剤師からその塗り方の指導を受けることが必要です。

また、湿疹の再発を防ぐためには、皮膚の汚れを落とし、保湿を心がけるといったスキンケアや、食生活をはじめとする生活習慣の見直しによって体質の改善を図ることも重要です。

アトピー性皮膚炎でお悩みではないでしょうか?

上記の文章は西洋医学的見解ですが、エビス薬局では西洋医学・東洋医学の両面から、お一人お一人の体質・症状に合わせてご相談を受付けます。

Facebookページ

Facebookページ

↑このページのTOPへ


ページの終了